ニキビ 栄養

ニキビを治す栄養とは?

ニキビ対策に効果のある栄養素として、ビタミンAやビタミンC、ミネラルやコラーゲンなどがあります。
ニキビがよくできるとか治っても繰り返しできるという人は、これらの栄養素が不足している場合が多いので、食生活を改善したり必要があればサプリメントなどで補うことが大切です。
まずビタミンAは、皮膚の新陳代謝に深く関わっているので、不足すると毛穴がつまるなどの肌トラブルを起こしやすいです。
ビタミンAは、ほうれん草やにんじん、春菊、レバーやマーガリンなどに含まれています。
次にビタミンCですが、強力な抗酸化作用があってシミやニキビ跡の原因になるメラニン色素を抑制する働きがあります。
ビタミンCは、パセリやピーマン、ブロッコリーなどの野菜やいちごやレモンなどの果物に多く含まれています。
そして、ミネラルにはお肌の新陳代謝を活発にしたり、ホルモンのバランスを調節する役割があります。
ミネラルは、小魚や大豆やひじき、卵やチーズなどに含まれています。
最後にコラーゲンですが、水分を保持したり酸素を運ぶ役割があるので、不足するとお肌の弾力性がなくなったりニキビ跡が治りにくくなるのです。
コラーゲンは、うなぎや豚バラ肉、牛すじ肉や鶏皮などに含まれています。
ニキビに効く洗顔料《敏感肌女子の口コミ》しみない洗顔で治ったよ♪